損益通算ができなくなる?(所得税):
ゴルフ用語から会員権まで【ゴルフ@スポーツ】

損益通算ができなくなる?(所得税)

2006年時点で、ゴルフ会員権の売買損益は、
給与所得や事業所得などと合算して計算(損益通算)できる
「総合課税」となっている。

しかし、政府税制調査会においては、
ゴルフ会員権の売買損益を他の所得と分離して課税すること(「分離課税」)が
検討事項の一つとなっている。

「総合課税」では、売却で損失が出ても他の所得と合算できるので、
分離課税よりも支払う税金が少なくてすむ場合が多い。
(不動産や株式などは、「分離課税」となっている)

「分離課税」と決定されるまでには紆余曲折があると思われるが、
今後の大きな流れとしては、
ゴルフ会員権の損益通算が認められなくなる方向にある。


(2006年1月)


[PR]
簡単にあなたのゴルフスコアを30、40伸ばせる話

スポンサードリンク


■このサイトがお役に立ったら、ぜひ、人気投票にご協力ください
 こちらの説明ページをご覧いだたき、1票をいただけると励みになります。


ゴルフの会員権 メニュー
ゴルフの会員権
ゴルフ@スポーツ カテゴリーの一覧
ゴルフの会員権
ゴルフ用語集
リンク集(ゴルフのブログ)
リンク集(ゴルフ一般)
リンク集(ゴルフ会員権)